切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 JOEWELL JFG-22

ご依頼いただいたお客さまからのコメントです。

カット率を25%から20%に下げてほしい

現在カット率が25%くらいです。20パーセントにして欲しいです。

そもそも、セニングのカット率を変えることができるのでしょうか??

カットバサミと同様、刃付け次第で切った感覚はかわります。

セニングの場合は、切った感覚が変わるとカット率も変わってきます。

カット率は、櫛刃のV溝を浅くしたり、棒刃の鋭さを調節して下げることができます。

逆にカット率をあげるには、逆のことが必要になります。

JOEWELL JFG-22を研ぎました

ハサミDATA

6インチ。

オフセット。

上刃は、22目のフラットの櫛刃。

下刃は、はまぐり刃で笹刃です。

ネジは、少し出っ張りタイプ。手で開け締めできます。

ハンドルはシンプルなオフセット。

指穴リングを使っていらっしゃいます。

はさみ職人's EYE

277-1

フラットの櫛刃です。

カット率を下げたいということで、この場合はどういうふうにするのでしょうか?

スライドカット用のハサミのように刃をつけます。

スライド用というのは、毛に刺さらないような刃付けです。

反対の毛に刺さるよう刃付けは、カミソリのような刃付けです。

櫛刃も棒刃も、毛が刺さらないよう刃付けにします。

思いっ切りやれば、やるほどカット率は下がります。

ちなみに、「フラットのくし刃の場合、切れ毛ができやすい」と仰る方がいます。

私はあまりそうは思いませんが、そうかもしれませんね。

実際はどうなのでしょう?

ただ、ハッキリとしていることは、

切れないセニングだと、櫛刃がフラットだろうと、Vだろうとwだろうと、切れ毛、枝毛ができます。

また、パサつくとか、短い毛が飛び出てくるというのも、問題あるセニングの可能性があるようです。

セニングにも注意を払いたいものです。

閉じる