切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 FUJI LF-60

ハサミのネジって、ハサミを買うとひとつ漏れなくついてきますね(笑)

あまり気にすることがないかもしれません。

そんなハサミのネジって何種類あると思いますか?

出っ張ってるやつと・・・

埋め込みのやつと・・・

マイナスもあった・・・

大きさとか2,3種類あるかも・・・

だから、10種類くらいかも・・・

いい線ついていていますね・・・

その10倍はあると思います。

細かいところで違っていて・・・

今回のネジはかなり特殊です。

どんなところが特殊なのでしょうか?

FUJI LF-60を研ぎました

ハサミDATA

業界用語っぽく、短縮させてみました。

60 ロクゼロインチの

オフセットで、

直刃ぎみの

はまぐり刃。

自在の

パネル 富士の特殊なパネルネジ。

ちょっと下がった
ラクダ
オフセット。です。

はさみ職人's EYE

まず、研ぐときはハサミのネジを外してみます。

そして、ばらすとこのようになります。

enimage1339485621473

上から、

ネジのメス側。板バネと一緒になっていて、このメーカーのオリジナルです。

静刃。

ネジのオス側。これが特殊です。

動刃。このネジ穴が大きいです。普通のハサミの3割くらい大きいです。

で。

特殊なネジですが、

enimage1339485637909

ネジの軸が中心にありません。

ハサミのネジの99.9%以上は、中心にありますが、これはずれています。

写真では、中心より上にあります。

このメリットは、少ない開きでも、大きく使える・・・らしいです。

図解されたものを見ましたが、正直、私にはちょっと理解できなかったです。

ハサミとコミュニケーションを大切にするタイプの方なら、ちょっとのズレが不快に感じるかもしれません。

閉じる