切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 alpha(アルファ) SG60S

「アルファ」というブランドのハサミです。

こんな形(ネジ付近がしぼってあり、峰が落としてあって、剣刃風の笹刃)でスリットが入っているハサミがあります。

今回は、「スリット」について。

alpha(アルファ) SG60Sを研ぎました

ハサミDATA

【刃】
剣刃風、はまぐり刃。
笹刃風、柳刃。

【ネジ】
埋め込みタイプ。
【ハンドル】
メガネ風オフセット。
ラクダのオフセットです。指掛けはネジタイプです。

【そのた】
~風が3つもあって、それも特徴ですね。

はさみ職人's EYE

今回はスリット。

刃にごくわずかな線が彫刻されていました。

恐らくレーザー彫刻の応用です。刃をわずかに凸凹の溝がつくられて、毛が逃げにくいようにさせてありました。

このスリットを入れることで、笹刃でも毛が逃げにくいというメリットもあります。

毛が逃げない分、優しく切れないというデメリットもあります。

凸凹している分、開閉がわずかにゴツゴツするというのもあります。

もしかしたら、毛が逃げて嫌なら、笹刃でなくてもいいのではないか?という疑問があるかもしれませんね。

その辺は、今の時点でよくわかりません。

他にも、使ってみるといろいろイイ所があるかもしれません。

で。

1.お客様のリクエストとしては、優しく柔らかく切りたいとのこと。

2.今回のハサミは、刃先と刃中に大きめのカケがありました。

上の2つの理由から、スリットを取る提案をさせていただきました。

優しくスムーズに切れて、いい感じになりました。

このハサミは、鋼自体に力があるタイプです。

私としては、ドライでも負けず切れるので、スリットがない方が好みです。

とはいえ、

どちらを選ぶかは、アナタ次第です!といことになりますね。

閉じる