切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 Vertex 30目オフセット

今日は、ハサミの取り扱い方の話。

意外と知られていない、ハサミの取り扱い方のひとつです。

 

一応おさらいです。

ハサミは落としたらダメです。

3秒以内に拾ってもダメです(笑)

切れなくなってしまうという意味でダメです。

 

ハサミは硬いものを切ってもダメです。

例えば、コピー用紙とか段ボールとか・・・

そんなの切るわけないじゃん!!!

と言う声が聞こえてきそうですが・・・

コームもダメです。

腰のシザーケースに入れるときに隣のハサミにぶつけるのもよくないです。

(後半へつづく)

Vertex 30目オフセットを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃:30W目 棒刃:はまぐり刃 笹刃
ネジ
出っ張りタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

こうやって、開いてみせると見やすいでしょ!

「オオタさん、みてみてこのセニング!!!」ときれいなお姉さんに言われるとうれしいです。

いや、、、ちょーうれしいです(笑)

 

そういうことではなく・・・

 

こうやって開いて机に置いたりすると、ハサミ屋的にうれしくないです。

開いて置くことで、

ちょっとした力が、

上の刃から下の刃へ伝わって、

刃こぼれができることがあります。

刃こぼれがあると、切れなくなってしまいます。

 

ってことで、

きれいなお姉さんに声を掛けられるとうれしいけど、開いて置かれるとハサミ屋的にドン引きするって話でした!