切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ミズタニ PUFFIN

当たり前ですが、
しっかりと毛を捉えて切ることの出来るハサミは、
イメージ通りのスタイルをつくることができます。

(当たり前すぎですが)

逆に、

毛が滑るハサミだと、
イメージとは違う切り口になるので、
仕上がるスタイルは違います。

だから、
切れるハサミで切れば
「自分はカットが上手」と感じます。

ミズタニ PUFFINを研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃 太めの 柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
オフセット ラクダ

はさみ職人's EYE

今回のハサミの研ぎのリクエストはこんな感じでした。

全くそのとおりです↑

見た目がふっくらと・・・かわいい感じのハサミは毛が滑りやすいです。

その滑りやすさを利用してスライドカットには向いています。

あと今回のハサミは、毛を捉える力より開閉感重視のタイプでした。

「そんなハサミでも研ぎでなんとかなるの?」と言う声が聞こえて来そうですが、「ある程度何とかなります」です。

元の刃の形状や作りが滑りやすいので、刃が新鮮なうちは毛が逃げずにスパスパ切れます。

刃の賞味期限が過ぎると、スベります。

上の文章で

さりげなく、毛が滑るハサミの条件を3つ指摘しました!

わかります?

それは

1.幅がひろいようなぽっちゃりタイプの刃の形

2.開閉重視のつくり

3.研ぎの技術

です。

つまり

幅広のぼっとしたハサミで、

開閉でスルスル・スカスカのハサミで、

研ぐ人がいい加減に刃付けをしたら、

毛はズルズルで仕事にならないです(笑)

もちろん、それでも、レザーカットのように毛にテンションをかけてハサミを使えば、いいんでしょうけど・・・