切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 CW T-30

セニング(すきばさみ)は、くし刃と棒刃の組み合わせです。

今回は、昔からあるタイプです。

その特徴はどういうものでしょうか?

CW T-30を研ぎました

ハサミDATA

セニング。

30目でV溝のタイプです。

棒刃は段刃で直刃です。

ネジは、パネルの出っ張りのあるネジ。

ハンドルはオフセット。

左にずれています。

はさみ職人's EYE

セニング(すきばさみ)は、くし刃と棒刃の組み合わせです。

今回は、昔からあるタイプです。

このセニングのくし刃と棒刃とも、笹刃のようにRがない、まっすぐな刃の形をしています。

これを直刃といいます。

昔のセニングのほとんどは直刃のタイプでした。

現在は、葉の形のような笹刃タイプが主流です。

とてもやさしくきれます。

直刃タイプは、よく言えば、しっかりとポイントを定めてきることができます。

反面、堅く切れる感覚が手に残ります。

どちらがいいのか?

それは、つかうアナタが

「ご自分で決めることです!」

   ↑ ♪地球儀をまわして、、、、  ・・・ やさしくなりたい・・・♪

先日見たDVD、

家政婦のミタ」さんがキターーー (^.^)

閉じる