切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 CH・チャンピオン(champion)42目スキバサミ

トリマーさんによく使われているスキバサミです。

人間用とどう違うのでしょうか?

CH・チャンピオン(champion)42目スキバサミを研ぎました

ハサミDATA

オフセットのスキバサミ。

刃は、くし刃はシンプルなV溝タイプの42目。

そして棒刃は、直刃。シンプルです。

ネジは出っ張りタイプ。写真側ではネジを締めても緩めても反応しません。
お飾りのネジ。

締めたり緩めたりするのは、写真の裏側のマイナスネジです。

ハンドルは長めのオフセットです。

はさみ職人's EYE

トリマーさんのスキバサミです。

くし刃が42目です。一番人気のあるタイプです。

人間用のスキバサミと比べて、ラインがしっかり出て、硬く切れます。

犬の毛は、人の毛に比べて圧倒的に柔らかいので、硬めに切れても問題ないのです。

ラインがしっかり出るというのは、人間では使いにくいセニングという印象ですが、トリミングにはそのくらいカット率がないと使えないのです。

基本的なハサミの構造は、一緒です。

よく研ぎ屋さんで「絶対にトリミングには、専用の刃付けが必要です」という方がいらっしゃいます。

確かに、人の毛と動物の毛は、触った感じも切った感じも違うのもです。

しかし、ハサミが毛を掴んで切り落とすという動きを考えたとき、

そして、プロの営業目的で使用され、ただ単に切れればいいというのではなく、切れ続ける必要があると言う点を考えれば、同じ方向の刃付けが必要だと考えています。

当店の場合、わずかに違いますが、刃付けは基本的に同じです。

切れ味の好みを少し替えている程度になります。

閉じる