切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 姿 5.5インチオフセット

超合金について

超合金=超+合金です。

それって、ハサミ的に何なの?っていう話です。

姿 5.5インチオフセットを研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃 柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

出た!超合金!

今回は、超合金について

超合金とは、超+合金です。

まず、

超というは、「すごいです」ってことです。

超合金なので、

すごい合金です!

ということになります。

じゃ。合金は?

合金とは、(調)合+金(属)という意味です。

もう少し説明を加えると、

刃物なので、硬くさせるために(または錆びさせないようにするために)いくつかの金属を調合させるという意味です。

はさみは銀色なので、「鉄」なのです。

しかし実際は、鉄に「炭素」「クローム」が入ってます。

今のハサミは、

更に「モリブデン」「コバルト」「バナジウム」とか

料理の味付けで塩やコショウを入れて作られるように

いくつかの金属が調合されています。

 

で、

結論ですが

超合金とは、いろんな金属が入っているものです。

 

「それなら、俺のハサミも超合金やん!」

「あたしのハサミも超合金ちゃけど・・」

「私のハサミも超合金ですよ!」

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

ぶっちゃけ・・・

そのとおり、あなたのハサミは超合金です!

みんな超合金です。

見ないでもわかります!

だって、そうじゃないと、ハサミとして使い物にならないですから・・・。

 

じゃ。

なんで、

わざわざ「超合金」なんて刻印しているのか?

それはむかーし、

われわれ日本人がチョンマゲだったころ

太平洋戦争が終わって、日本が貧しかったころまででしょうか。

この頃は刃物はシンプルな合金でした。

そんなゆとりもないし、技術もなかったからなんですかね。

 

日本が少しづつ豊かになって、

はさみも豊かになってきて、

よく切れるハサミ

錆びないハサミ(昔のハサミはすぐ錆びました)

を求めるようになりました。

「超合金」っていうと未来的でいい印象があったんですかね。

 

人生の先輩方・・・ありがとう・・ございまーす!  って感じです。