切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 天洋 S2

理容界でメジャーなハサミです。

そのステンレスの初期型です。古いです。

裏に「海老●●作」とありました

天洋 S2を研ぎました

ハサミDATA

7インチ。

段刃の柳刃

ハンドルは、オフセット。指穴が小さく、かっちり固定される。

ネジは、一番シンプルなマイナスネジ。

はさみ職人's EYE

むかーしのハサミは、錆びました。

最近のハサミって、錆びていなくて銀色が普通です。

これは、サビにくい種類のハガネを使っているからです。

サビると当然、切れなくなります。

砥いでも切れないんです。

ということは、「錆びた⇒使い物にならない⇒ゴミ」なんです。

なので、錆びないように油をべとべととつけたり、「油漬け」にして保存していた方もいらっしゃったと思います。

その時代と比べたら、今のハサミは普通に使っていたらサビませんし、よく切れます。

とても扱い易いですね。

閉じる