切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 光 RYU COSMOS

もちやすいハンドルでした。

その反面使い方には注意が必要です。

どんな注意が必要なのでしょうか?

光 RYU COSMOSを研ぎました

ハサミDATA

6インチのオフセット

刃は個性的な形状です。峰が落ちているはまぐり刃。

直刃美味の柳刃。

ネジは埋め込みタイプ。マイナスネジの上に飾りネジがついています。

ハンドルは柄が長めのオフセット。

立体的なつくりです。

はさみ職人's EYE

もちやすいハンドルでした。

コレは表の特徴です。見た目もかっこいいです。

その裏の特徴みたいなものがあります。

長期的な視点で見てわかることです。

使い続けるとわかるような特徴です。

このハサミは、押切りのあとが少しありました。

こういった立体的な母指穴で、押すように親指を載せるタイプのハサミは、おしクセがついているものが多いです。

持ちやすい反面、押切りのクセがつきやすいのです。

押そうが、引こうが、つかう人の自由です。

ただ、そういったクセは、いろいろ不便な点もでてくるので注意してみてください。

例えば、ハサミがすぐ切れなくなる原因にもなります。

無理に動刃と静刃を力で押し付けるからです。

あまりに力が過ぎると 腱鞘炎になりやすくもあります。

ならない方もいます。

しかし、腱鞘炎でハサミが握れなくなったした理美容師さんは、100%このクセがハサミについています。

よく「セニングで、新品とか研ぎたてで刃元を噛でしまう」という方、実はハサミの問題と言うよりは、このクセがあるからです。

ちょっとだけ、注意すると、永切れするし、手が痛くなりにくいし・・・いいかもしれませんね。

閉じる