切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 二代目太刀国 鋏職人重野 6.5インチ剣刃オフセット

静刃が「剣刃」のハサミです。

問題です。

剣刃のハサミの特徴をこたえよ!

二代目太刀国 鋏職人重野 6.5インチ剣刃オフセットを研ぎました

ハサミDATA

【刃】
6.5インチ片剣刃
動刃:ハマグリ刃
静刃:剣刃

【ネジ】
出っ張りタイプ。
【ハンドル】オフセット。ラクダのオフセットです。指掛けはネジ式です。

はさみ職人's EYE

さて、剣刃ですが、

見た目は峰が刃の真ん中にあります。

金太郎飴式に切れば、△です。

特徴は、

・力強く切れる。いい。

という話を聞いたことがあります。

実際はどうなのでしょうか。

私の意見は、普通です。

刃付けの角度が鈍角になりやすいので、力強く切れる感じになるときもあるのかもしれません。

が、ハマグリ刃でも同じような刃の角度にすれば、同じような切れ味になります。

なので、あまり変わらないと思います。

作り手とすれば、若干面倒です。

ハマグリ刃の場合、同じ方向に落として一つの面だけですが、剣刃の場合は2つの面になります。

そのせいか、価格は若干高いです。

あと大きな違いは見た目です。

なんとなくパワフルに切れそうな形です。

(もしかしたら、その反対に感じる人がいるかもしれませんね)

とはいえ、見た目が少し違うというのは、それなりにいいかもしれませんね。

閉じる