切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 アコス QR 600

ブルーの板バネが印象的なハサミです。

今回は鋼の硬さと脆(もろ)さについてコメントしてみようかと思います。

アコス QR 600を研ぎました

ハサミDATA

刃は直刃ぎみのはまぐり刃。

ネジはブルーにメッキされた出っ張りタイプ。

ハンドルは、下に下がっているオフセット。

指かけが脱着式です。

はさみ職人's EYE

このハサミの鋼について。

このハサミは、私の好きな感じで、よくきれる鋼に入ります。

でも、恐らく価格は安めだと思います。

この鋼の特徴は、

よく切れるが、切れなくなるのが早い

です。

鋼というもは、基本的に硬いです。

刃物=固いものと考えてOKです。

固ければ硬いほど、よく切れるものです。

が、しかし・・・

硬いと脆(もろ)くなりやすいです。

ハサミの場合、脆いと切れなくなるのが早いです。

脆いというのは、砂消しゴムみたいなイメージです。

こするとボロボロします。

ハサミの開閉するとボロボロと動刃と静刃こすれるので、切れなくなりやすいです。

こすれても、ボロボロしてしまうのを摩耗性といい、

ボロボロしないというのを耐摩耗性に優れているといいます。

つまり、

長切れする鋼=耐摩耗性の良い鋼

です。

閉じる