切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

はさみの用語集

裏スキ(うらすき・裏漉き)

さてさて、
清水さんがわかりやすい図を作ってくださりました。ありがとうございます。

urasuki2_1

この凹みの部分を裏スキと呼んでいます。

これは、グラインダーで削ってつくります。
最近は機械で作ることが多いです。あの有名メーカーのハサミも機械です。

この図のような形が理想的です。
それは、刃線に沿うように、ヒネるように抜けているのがいい形です。
こういうハサミは力強さと開閉のしやすさのバランスが実に良く出来ています。長切れもします。

しかし、こういった理想に近いものは、2~3%くらいです。
それは機械だと、そこまで精度よく作れないからです。
人間の場合も同じようなもので、下手くそだと機械以下です。
上手な職人さんは少ないです。

では、具体例を見て行きましょう。
まず、いい例ですね。

urasuk2-example1

次に、悪い例ですが、

urasuk2-example5

波打っています。

これは、下手くそな人間が「研ぎと一緒にサービスでやってやるよ!」のパターンです。
刃中から刃先に力が伝わりにくく、切れないです。
「壊された!」というクレームになっているかもしれないようなレベルです。

つづいて、

urasuk2-example4

これもヨロヨロですね。

つづいて、機械で作られたので多いパターンです。

urasuk2-example3

途中まで良かったのですが、後半粘れませんでした(笑)
実際は、最後の最後でダメなパターンです。

この場合、「刃先がきれない」という状態です。
また、2,3回研ぐと「刃先が切れなくなる」という現象です。

これは研ぎが上手い下手ということもあるのかもしれませんが、そもそも何度か研ぐと刃先が切れ味の復活が甘くなるというパターンです。
非常に多いです。

つづいて、

urasuk2-example2

まっすぐで一見良さそうなパターンです。

本来、ヒネるような線がベストですが、直線すぎです。
始めはそこそこ切れますが、切れなくなるのが早いです。
刃先が切れなくなります。

高級価格のあのメーカーとあのメーカーの安物と中国製に多く見られます。

ハサミの性能ですが、この裏スキで左右します。

しかし、これだけで決まるというわけではありません。
鋼の良し悪し、刃の付け方などでも変わります。

それぞれのバランスで性能は決まります。

閉じる