切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

京都はさみ職人のレポート

【はさみの選び方】鋼材2(ステンレス、カーボンについて)

こんにちは。 オオタです。
このレポートは、基本的に冗談です。 
真面目な方は、見ない方がよろしいかと存じます。
もし読むなら、アホになって見てくださるといいかも知れません。
では、アホになる呪文を!

「1、2、3」

ヤフオク(ヤフーオークション)を見ました。②

5000円くらいで理美容のシザーが落札されていた・・・説明には、

このハサミは、当社オリヂナルの鋼材SUS440cは砂鉄から作られています。 
理美容のシザー専用に開発されたステンレスカーボンの合金です。
もっとも高価なステンレスを利用しておりますので、返り刃が出ず切れ味が永遠に持続します。

と書かれてました。

また、2文めを解説してみたいと思います。

理美容のシザー専用に開発されたステンレス カーボンの合金です

(1)理美容シザー専用に開発

刃物の鋼材屋さんって、カミソリとかドリルとかの鋼をたくさんつくっています。

シザーよりもたくさん。

なんてったって、使い捨てだし。

最近の5枚刃とかってやり過ぎのような気がするんですけど。

それからみると、理美容のシザーの割合ってとても小さいです。

しかも、求めるこことが、たくさんあって、、

よく切れて、、、

とってもよく切れて、、、

ながきれ、、、

ということで、 生産量が少なくて、品質にきびしい鋼なんです。

しかし!!!です。

440Cがシザー専用に開発された鋼材かというと、そうではない思います。

と書いてしまうと、問題があるので、

どうなんでしょうか?

高級刃物用として開発してナイフなどに使ってみて、良さそうだから、シザーに使ってみて、良かった・・・ということは考えられないでしょうか?

そんな感じです。

(2)ステンレス

ステンレスの言葉の意味は、「ステン」+「レス」です。

ステンは、サビです。

レスは、「ない」という意味です。

ということで、 ステンレスは、サビないという意味です。

しかし厳密には、さびにくい程度です。

パーマ液漬けなら、100%にさびます。(^v^)

③カーボン合金

ご存知だとは、思いますが、 シザーは鉄から出ています。
(たまにセラミックとかあるけど、、、)

この鉄はさびないステンレスです。

このステンレスは、研ぐときれるようになる刃物です。

同じステンレスでも、研いでもきれないものがあります。

カップ焼きそばをつくるときに、お湯を流すとバコッと言う音がする流し台とか。(^v^)

では、刃物と流し台のステンレスで何が違うか?

カーボンの有無です。

カーボン有が刃物。無が流し台。

刃物はすべてカーボンが入った合金です。

ちなみにカーボンのことを日本語で、炭素。
鋼の材料を、炭素鋼(タンソコウ)と呼ばれてます。

なんか炭素鋼って、かっこいい響きですよね。

↑そんなオチかいっ(笑)

おわり。

 

閉じる