切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 TSK 6.5インチオフセット

ハンドルには、いろいろな種類があります。

今回は、オフセットで、長めのものどんな特徴なのでしょうか?

TSK 6.5インチオフセットを研ぎました

ハサミDATA

6.5インチくらいのオフセットのカットシザース。

刃はハマグリ刃の柳刃。

ネジは出っ張っていますが、裏はマイナスネジでとめられています。

ハンドルは、ラクダの長めのオフセット。

はさみ職人's EYE

ハンドルの長さについて

このハサミは、ハンドルが長めです。

くどく細かく表現すると、ネジの中心から、ネジに近い指穴の内側までが長いのです。

ハンドルが長いと、てこの原理が良く働きます。

てこの原理は、シーソーで説明されますが、中心付近よりは遠くのほうが、重たいものでも押す力が強くなる・・・ていうヤツです。

たしか、中学のときの大谷先生が「軸となる支点から力点までの距離が長いと、作用点に力が強く伝わる」って言ってた気がします。

気のせいかもしれませんが(笑)

つまり、ハサミとって

ハンドルが長いほうが、力が強いわけです。

やさしく切れるはずです。

反面、長いハンドルなので、指を大きく動かす必要があります。

逆に短いと、力がないので、

力を入れて切る必要がありますが、指を大きく動くかさなくてもいいので、小さい手にはグットですね。

閉じる