切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 TSB 42目メガネ

先ほど、あるひとのフェイスブックを見ていたら、

「この時代、みんなSNS発信するよね。ビジネスはそれを考えてしないと・・・」

って書いていました。

ですよねぇ。

それを考えて、どうやって発信すればいいか・・・そこが知りたいです。

とりあえずは発信しまくるのかなあぁ。

 

さて

ネジについて⑬

ダブルのマイナスネジ、おしりはプラス。

おしりのプラスは、プラスの割ネジっていうやつです。

 

 

TSB 42目メガネを研ぎました

ハサミDATA

42V目 段刃 直刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなメガネ

はさみ職人's EYE

ダブルのマイナスネジっていうやつです。

このダブルの説明ですが、

まずシングルについて説明します。

シングルというのは、表から見ると今回のネジと同じなんですが、メスネジがハサミの動刃になっているタイプです。ハサミにねじの溝があるタイプです。

今回のダブルのネジは、表はマイナスねじ。

裏ははさみにネジ溝があるわけではなくて、メスネジを穴に入れているタイプです。

このネジのいいところですが。

昔のハサミは、メス側がネジ溝がゆるゆるになってしまい、ねじが効かなくなることがありました。

(昔の沼津海老とか、光とか、天洋とかです)

こうなってしまうと、ねじ交換をしてもよくならないので、なかなか直すのが大変です。

(私は直しますが(笑))

このネジの場合その対策で、メス側のネジも交換できるので、ネジ交換一発でよくなるというメリットがあります。

あと、

おしりのプラスは、プラスの割ネジっていうやつです。

「割り」をつくることで、バネができます。

このバネをつかって、ゆるみにくようになります。

(実際問題、論理的にそうなるはずですが、そうならないこともあります。なかなか難しいところですね)