切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 TCA 42目セニング 正刃

トリマーさんからの依頼です。

少しひっかかりがありました。これが使いにくいとのことです。

とても刃が荒れていました。

荒れているというのは、手荒れと一緒でカサカサしている感じです。

極端に言えば、のこぎりの刃のようなものです。

TCA 42目セニング 正刃を研ぎました

ハサミDATA

42目正刃のセニング。

トリマーさんに多い42目のセニングですね。

棒刃は直刃。櫛刃の溝は、「v」。
ハンドルは、シンプル系のオフセット。
柄が長めです。

ネジは、このでっぱりネジ。回すとカチカチします。

「胡蝶」と一緒です。

カット率は、私の感覚で40%くらいです。
トリマー用スキバサミのベーシックなスキ率です。

はさみ職人's EYE

トリマーさんのセニングといえば、42目の正刃です。

このセニングは、胡蝶というブランドのセニングと一緒に感じました。

材料も仕上げも一緒だと感じましたが、果たしてどうなんでしょうか?

仮に、同じであるのなら、OEMと言われているものです。

自動車業界なんか有名です。

ハサミ業界もそんなに珍しいものでもありません。

さて、

ハサミの大きさについてです。

私が持っても、ちょっと手に余る感じがしました。

手を大きく開いても七割くらいまでしか開かない感じです。

手が大きいかたは問題ないと思います。

手が小さい方、女性でしたら、一度手にとって開閉させてもらうといいですね。

閉じる