切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 SGK SANWA笹刃

ネジの内側の周りがえぐれています。

これはどんな効果を狙ったものなのでしょうか?

考えてみます。

SGK SANWA笹刃を研ぎました

ハサミDATA

6インチのメガネ

刃は笹刃です。どちらかと言うと太めです。

ハマグリ刃です。

ネジは埋め込みタイプ。

ハンドルはシンプルなメガネです。

はさみ職人's EYE

下の刃のほうをよく見てください。

ネジ穴の周りが楕円形になっていて、いろがちょっとまわりと違います。

この部分は、このハサミだけの特徴です。

わざと機械的に削られています。凹んでいます。

この部分って、切った毛がはさまりやすいところです。

 

よくみると 楕円のはじが、切れています。

ネジのところに毛が入って、詰まってしまって開閉がスムーズに行かないことがあります。

新品とか、研ぎたてなど、 馴染むまでに起きやすい現象です。

この穴は、そういったことが少ないように・・・という工夫なんだと思います。

いいアイデアですね。

実際は、どうでしょうか?

完璧ではないと思います。ですが、それなりに効果があるのではないでしょうか。

閉じる