研ぎ実績

ROCKIE 6.5インチ笹刃オフセット

笹刃の切れ味ってどうよ?

ROCKIE 6.5インチ笹刃オフセットを研ぎました

ハサミDATA

笹刃、ハマグリ刃
ネジ
出っ張りタイプ
ハンドル
オフセット

このハサミはナルト社から独立された方のブランドだそうです。

はさみ職人's EYE

笹刃って、どうなんですか?

まず、

形について

動画を見ていただくとわかるように、

ちょっと幅広いふっくらしていて、

ポッチャリタイプの刃をいいます。

 

刃先に行くに従って、カーブがきつくなっている刃線の形状です。

葉っぱのような形の刃を笹刃って呼んでいます。

 

もう少し、

まじめに表現すると

刃線は1000mmrくらいを笹刃と呼ばれています。

ただし、具体的な規格はなく、だいたいの感覚になっています。

 

で、

一般的には、

スライドカットがしやすいと言われています。

 

引っかかりにくいように刃をつければ(研いでもらえば)、とても使いやすいと思います。

 

では、

普通に刃付けをしたときはどうでしょうか?

それは、

優しい切れ味になります。

優しくスムーズで、毛に負担が掛からないような感じで切れます。

このハサミのオーナーさんもその辺が気に入っていらっしゃるそうです。

 

が、

しかし!

デメリットもあります。

やさしく切れる分、毛が逃げやすいです。

研ぎたては毛が逃げるように感じないかもしれませんが、

切れなくなるにしたがって、毛がにげるようになります。

 

ってことは????です。

 

「優しく切れる」=「毛が逃げる」

ってこと?

と感じたアナタ!

鋭いです。

その通りです。

 

 

人によって、

その感覚はそれぞれですが、

毛が一本分滑ると、

優しく切れるという感覚になります。

 

毛が3本だと逃げる気がする程度で、、

刃先で切ったとき、

5本分くらいだと、

あまり使いたくないという感覚になるかと思います。

 

ただ、

これも個人差があって、

結構毛が逃げるので、

使い憎いんじゃないかなあと思うハサミでも、

「ぜんぜん、大丈夫っすよ」と言うケースもあります。

個人差なんですね。

 

~まとめ~

優しく切れるハサミは、切れなくなると毛が逃げがち