切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ROCKIE 17目逆刃オフセット

0:23から、刃を開いて、ネジのハンドルよりのところを撮影しています。

画面の中心のところです。

ここをショクテンと呼びます。

ショクテンが削られて、本来の形ではなくなっています。

ROCKIE 17目逆刃オフセットを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃は17目のフラット。カット率が高いです。50-60%くらいです。
棒刃は笹刃、ハマグリ刃。
ネジ
出っ張りタイプ(自在ネジ)
ハンドル
オフセット。
立体的です。

はさみ職人's EYE

0:23から、ショクテンを撮影しました。

それは、ショクテンが削られて、本来の形ではなくなっているからです。

これをすることで、開閉が良くなっています。

また、これをしたことで、毛をつかむ力がなくなり、引きちぎるような感じになっています。

これってどうなんだろう?

こういう方法があるということで、それが良かれと思ってそのようにされたんだと思います。

それはそれで、いい事なのかもしれません。

ただ、

僕の感覚では、???と思います。

確かに開閉がよくなるのは良いことです。

力がなくなり、切れなくなるのが早くなりますが、まめに研げばいいことです。

ですが、

これはやりすぎだと感じています。

例えば、

理容室に行って、「スッキリさせたい。五分刈り。」をオーダーしたとして、バリカンで坊主頭にするとおもいます。

耳の出ているのがスッキリしていないので、耳もカットさせてスッキリさせるイメージです。

ちなみにハサミの場合も、一度削ってしまったら、もとに戻すことはできません。

これは考え方の違いということになるかと思います。

相性みたいなことかもしれませんが、ちょっと気になったので・・・。

閉じる