切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 NETWORK 40目オフセット

ベーシックなセニングでした。

NETWORK 40目オフセットを研ぎました

ハサミDATA

40目のセニング。

棒刃は、直刃のハマグリ刃。櫛刃はV溝の40目。

ネジは埋め込みタイプ、下にマイナスネジがついています。

ハンドルはシンプルなオフセット。

はさみ職人's EYE

ベーシックなセニングです。

特徴がないのが特徴のハサミです。

そんなことだけだと、書くことがなくなりますね。

ちょっとクロウト目線で見てみます。

このハサミの最大の特徴は、ネジ。

上に六角のネジがついています。

このネジを使っているメーカーというのは、限られています。

数社ですが、それぞれが無関係でないです。

このハサミはステライトが好きなメーカーさん(K社)さんが関わったハサミです。

つくりの特徴は、まさにソレ。

K社さんから完成品として、購入し「NETWORK」という彫刻をしているタイプです。

これは、OEMと呼ばれるやつです。

自動車業界などで有名ですね。

ハサミは意外と、OEMが多く、同じハサミでもA社、B社、C社・・・とあります。

良いはさみもあれば、そうでないものもあります。