切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 MIZUTANI ACRO M-40

頭が大きくて、かわいい感じです。

MIZUTANI ACRO M-40を研ぎました

ハサミDATA

6インチ。

棒刃は、ハマグリ(甲丸)刃の笹刃

櫛刃は、V溝の40目笹刃

ハンドルは、小さなメガネ。

ネジは、埋め込み式ネジ。

はさみ職人's EYE

いいハサミは、とてもバランスがいいものです。

そのバランスは、持ったときの重量バランスや刃のつけ方やRの作り方・・・

いろいろなバランスがありますが、いいハサミはすべていいです。

今回のハサミは、丸く、頭が大きいはさみです。

かわいいですね。

重心が刃先にあります。

もしかしたら、使いにくいと感じる人が居るかもしれません。

もしかしたら、疲れると感じる方がいるかもしれません。

一度手に取るといいですね。

切った感じはとてもやさしく、笹刃の効果を感じることが出来ます。

ソリが少なく開閉感がスムーズです。

逆にソリが少ないことにより力強さはありません。

ちなみに、セニングの切れなくなる症状というのは、

 毛先を白くしてしまったり、

 切った感じが引きちぎっている感覚や、

 毛を折れてきれなくなったり・・・・

です。

毛にたくさんのダメージを与えることができます。

キレイな髪になりたいとおもって来たひとに、切れないセニングで汚くすることもできます。

カットシザー以上に、セニングの切れ味を確認してあげてください。

閉じる