切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 MIZUTANI blacksmith 40目オフセット

MIZUTANIというメーカーさんのセニングです。

いろいろとデザインに凝っているメーカーさんのイメージなので、「おぉ、今回はシンプルなセニングだなあ」と思ったら、シンプルではありませんでした。

櫛刃のV溝が特徴的でした。

動画でよく見てください。

MIZUTANI blacksmith 40目オフセットを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃は40目。ちょっと特殊なV溝。
棒刃は直刃のハマグリ刃。
ネジ
出っ張りタイプ。
自分で緩めたり、締めこんだり簡単に調節できます。
ハンドル
シンプルなオフセットです。

はさみ職人's EYE

BLACK SMITH、、、カッコいい名前ですね。

アメリカの俳優、ウィル・スミスみたいなことかと思って、グーグル先生に聞いてみました。

すると、

その語源は「鍛冶屋」らしいです。

そこから、金属職人→職人という意味も加わったそうです。

で、

職業が苗字になったそうです。

ということで、

ウィルスミスのご先祖も、

私も、同じよう仕事だったんでしょうね。

ついでに、

ハサミを使っているあなたも、

大きなくくりで行けば、

同じ職業ですね(笑)

さて、

ハサミの話です。

櫛刃をよく見ると、

Vになっています。

ただ、Vの尖り方が特徴的です。

どんな効果なのでしょうか?

普通のV溝と比べて、切ったカットラインなどは、あまり変わらないと思います。

変わるとすれば、

押し切りのクセがある人向きです。

押し切りのクセがある場合、セニングを噛ませやすいです。

噛ませるというのは、刃と刃がケンカして閉じなくなるような症状です。

(なので、押し切りはよくないのですが、)

この櫛だと多少押しても、噛ませにくいです。

切った感じはそれほど特殊性は感じませんでした。

ネジのところのアソビが多少大きいかもしれません。

そのため、力が分散しやすいかもしれません。

てっことで、

ウィルスミスのご先祖さまとあなたさまと私は、同じような仕事ってはなしでした。

閉じる