切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 MEGABLADE 6.5インチオフセット

「180℃TREATMENT」ってなんでしょう?

まさか、180℃なんていう温度のトリートメントではないでしょう。

もしそうだったら、熱い、、、やけどです!

いやそれどころか、拷問ですね。

MEGABLADE 6.5インチオフセットを研ぎました

ハサミDATA

6.5インチ、オフセット。
刃は段刃の直刃。

ネジは出ているタイプ。

ハンドルはオフセットです。

ある問屋さんの企画品のハサミです。おそらくドイツ製ではないでしょうか。

特徴は刃が柔らかい感じ。

ヒットポイントが外れやすいです。

はさみ職人's EYE

180℃のトリートメントとは。。。。

申し訳ございません。

正直わかりません。

しかし、想像はつきます。

恐らくハガネをつくるときに関係する数値だと思います。

180度ということから・・・アレかもれません。

 

ハガネとは、

そもそも、ハガネって何?

ハガネって、鉄なんですが、ちょっと違う鉄なんです。

鉄を加工したものです。

鉄を熱くしたり、ハンマーで叩いたり・・・そんな風にしたのが、鋼です。

で。

180℃という温度に関係するのは、この熱くするときに関係がありそうです。

 

鋼の作り方1

鉄を熱くする。

テレビや写真などで見たことがあるでしょう。

赤くなっている状態です。天気のいいときの夕焼けみたいな赤です。

このとき1000℃くらいです。

 

鋼の作り方2

冷やす。

人が手でさわれるくらい冷やします。

水を使ったり、油を使ったり、いろいろノウハウはあります。

この状態は、硬いがもろい。そうです。

 

鋼の作り方3

もどす。

焼き戻しっていうやつです。

このときの温度は、1000℃とかではありません。

180℃とかです。

この焼き戻しをすると、粘りがでてくるそうです。

粘りとは、曲げても折れない・・・そんなイメージをしてください。

これで、鋼ができあがりです。

これを削りだして、ハサミにするんですねぇ・・・(^.^)

閉じる