切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 LM sennig 30

「刃先が切れない」そうです。

一般的にハサミは、刃先から切れなくなります。

その理由は、

刃先をよく使うから・・・・

というよりは、

物理的な問題です。

つまり、

同じように刃にダメージがあるとき、

刃元よりも、刃先が切れなくなるわけですが、

それは、刃元よりも刃先に力が伝わりにくいからです。

・・

しかし、今回のハサミは、それに追加して●●だから、切れないのでした!

LM sennig 30を研ぎました

ハサミDATA

6インチ。

オフセット。

棒刃は笹刃。

櫛刃は30目のW溝。

ネジは出っ張りタイプです。

ハンドルはオフセット。

最近の一番、オーソドックスなのセニングです。

はさみ職人's EYE

冒頭に

ハサミは刃先のほうが切れなくなりやすいと書きました。

力が伝わりにくいからです。

今回のハサミは、その他に刃づけの角度が鈍角だったため、

より切れない状態でした。

刃先行くほど、だんだんと鈍角になっていました。

たぶん、ご自分で機械で研がれたんだと思います。

いわゆる、、

研ぐほどに切れなるパターンです。

刃付けの角度は、文房具のハサミと同じくらいでした。

これは「未熟な研ぎ」です。

悪く言えば、はさみ研ぎではなく、はさみ壊しです。

「だれでも簡単に研げる、ハサミ研ぎ器」を使うとこんな感じになりますね。

もし、

カットバサミだったら、

いい感じで、紙が切れたと思います。

(それでも、刃先は切れないけど・・・)

閉じる