切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KOUHO LEFT 30RE 30目メガネ

こんなハサミを見て、何かが違和感がある!

と思ったアナタ!

ハサミ屋さんですね(笑)

そうです。

左利き用のハサミです。ちょっと雰囲気が違うでしょ。

KOUHO LEFT 30RE 30目メガネを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃:30目 棒刃:はまぐり刃 笹刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなメガネ

はさみ職人's EYE

左利きの人って、大体クラスに一人や二人いますよね。

ハサミの仕事をしていて、左を研ぐ割合はだいたい1/100~1/200くらいの印象です。

たぶん、

もともと左利きでも、右も左もイケルという器用な人も多いので、右のハサミでスタートしたのかもしれません。

私もその意見に賛成で、

右も左も使えるのであれば、右用のハサミを選んだ方がいいです。

右の方が種類が豊富で、切れるハサミが多いからです。

 

ちなみに

左のハサミの割合が1/100ということは、単純に左のハサミを作ったり研いだりするのが1/100ということです。

ハサミ屋さんの中でも

あまり左のハサミを研いだことがない人とか、

そもそも左は研げないから、お断りとか・・・

というところがあります。

 

そんな、、だからでしょうか。

不十分な研ぎがされている割合が高いです。

今回のセニングもそうでした。

気持ちはわからないでもないけど・・・・同じようにならないように、気を引き締めて対応させていただきました。