切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 koho ARX70

すごーく、細かいところをチェックしてみます。

koho ARX70を研ぎました

ハサミDATA

7インチオフセット

刃は、はまぐり刃、柳刃。

ネジは埋込みタイプ。

ハンドルはオフセット。

ヒネリが入っていて、もちやすいです。

指穴がおおきめですね。

はさみ職人's EYE

開くと・・・

enimage1343037734719

矢印のところ。

彫刻がされています。

 VG

 HANDMADE

と書いてあります。普通に閉じた状態だとわからないですね。

隠れたオシャレみたいなことになっています。

この意味ですが、

下のHANMADEは、手造りという意味ですね。

実はに理美容のハサミの99.99パーセントは手造りですね。

そして、

VGは、恐らく某刃物鋼材屋さんの商品名です。

刃物鋼材屋さんというのは、

哲也さんです。・・・・

ではなくて・・・・

鉄屋さんでした。

この鉄屋さんは刃物用の鉄を作っていて、、、

クロムとか、炭素とか、コバルトとかを混ぜあわせて、

刃物に適したの材料をあつかっているところです。

「V金ゴールド」というのがあって、これかと思います。

研いだ感じは、鋼が柔らかく感じました。

ちょうど、美容師さんなら、硬い毛と柔らかい毛を感じるようなものです。

そして、ウエットの状態とドライの状態・・・・カラーとか・・・・

同じ人の毛でも、状態によって違うようなものです。

ハサミの鋼も、

同じ原料でも、例えばV金ゴールドでも、焼入れや焼戻しといった工程で違ってきます。

料理で、

同じ魚を使っても、料理の仕方によって違うのと同じです。

同じ鋼材でも、良い感じのものもあれば、どうでないものもあります。

同じメーカーの同じモデルでも時期によって違いがあるのはそのためです。

閉じる