切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KN-6028

見た目はきらびやかです。

果たして、このはさみの性能はどうなんでしょうか?

KN-6028を研ぎました

ハサミDATA

櫛刃は28目のWの目。

棒刃はハマグリ刃の笹刃

ハンドルは、特殊なオフセット。ヒットポイントの位置も特殊です。

ネジは、キラキラのゴテゴテの埋め込みタイプのネジ。

はさみ職人's EYE

近頃のはやりでしょうか・・・(今は2011年です)

はさみの色が銀一色から、ビーズや石やプラスチックなど、メッキの場合もありますが、いろいろな色がついているものをよく見かけます。

その中には、きっちりとしたつくりをしていて、その上でキラキラさせている素晴しいはさみもあります。

しかし、どちらかというと、見た目重視だから「テキトーにつくっておけ!」みたいな合言葉が聞こえそうなハサミもあります。

このハサミは、どちらかというと、後者なんですかね?

よくないセニングの例としては、

・よくひっかかる。

・すぐ切れなくなる。

・痛い!

です。

閉じる