切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KITA 20 PROPORTION

KITA 20 PROPORTIONを研ぎました

ハサミDATA

20目+笹刃はまぐり刃
ネジ
カチカチタイプの埋込みタイプ
ハンドル
ストレートのメガネ

はさみ職人's EYE

抜けの良し悪しは、80%くらいが刃付けで決まります。

なので、誰にどのように研ぎを依頼するかで決まります。

残りの20%は造りです。

どんな造りがいいのかというと、よく切れるように造られているのがいいです。

そして、造りでもう一つ、

今回のセニングのような造りがいいです。

それは

ハサミを閉じた時

櫛刃と棒刃の間のすき間が大きいほど良いです。

このハサミは、大きいです。

切った感じがカツカツといた感じです。

これは20目ということで、ひとつ櫛と櫛の間が広いため、そのようになります。

閉じる