切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KIKUI420のセニング

KIKUI420のセニングを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃は20目。溝が細かくあります。何段あるか、動画を見て数えてみてください。
棒刃は笹刃のハマグリ刃。
ネジ
表が六角になっていて、裏側がマイナスになっています。
ネジを締めたり緩めたりするのは、裏側のマイナスでおこないます。
ハンドル
ラクダのオフセットです。
なぜ、ラクダなのか?
真相はわかりませんが、
たぶん、コブがついているからだと思います。

はさみ職人's EYE

正直言います。

この櫛刃のセニングはトラブルが多いです。

ひっかかる。白くなる。枝毛ができる。パサつく。すぐ切れなくなる。などです。

これはセニングのトラブルとも言えます。

この櫛刃のセニングがこうなりやすいのは、櫛刃が鋭すぎるからです。

鋭すぎると、新品や研ぎたてはすごくよく切れるんですが、すぐ切れなくなります。

で、、、

ここまで読むと、ただの悪口になってしまいますね。

でもね。

このセニングは、こういったトラブルの対策がされていました。

あまり鋭すぎない、、、状態でした。

閉じる