切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KIKUI AA15 7インチオフセット

KIKUIのハサミです。

今はステライト(コバルト)の材料を使っていて有名ですね。

昔は着鋼という、鋼材がありました。

その着鋼のはさみについてコメントさせていただきます。

KIKUI AA15 7インチオフセットを研ぎました

ハサミDATA

段刃。
このハサミは鎌刃でした。
不十分な研ぎがされた跡です。
ネジ
マイナスのシンプルなネジです
ハンドル
オフセット。
理容向けの昔からあるタイプです。

はさみ職人's EYE

着鋼(チャッコウ)について

昔のハサミの鋼は着鋼です。

これは軟鉄と鋼鉄を接着されている鋼です。

???

と思われた方、それが正常です(笑)

詳しく説明させて頂きますね。

そのまえに。

この動画の0:50ぐらいのところを見てください。

うっすらとある線を確認してください。

この線が、軟鉄と鋼鉄の境目です。

2つの材料をくっつけているんです。

軟鉄(ナンテツ)は柔らかい鉄。

鋭くしても切れません。

例えば、針みたいに鋭い棒をつくると、柔らかいので曲がるか、折れるしてしまいます。

鋼鉄(コウテツ)は硬い鋼です。

ハサミの材料もこれです。

包丁とか、カッターの刃とか、日本刀もそうです。

針もそうですよ!

なので、針のように細い棒でも、硬いので簡単には曲がりませんし、折れないです。

これは昔の技術で、

いまでもプロが使う包丁などに使われています。

ちなみに、ハサミの場合私の感想としては、

「よく切れる」

「すぐ切れなくなる」

です。

たぶん、10人は切れないと思います。

今のはさみと比べると圧倒的に永切れしませんね(笑)

まあ、なので今のハサミには使われないんですが。

閉じる