切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 K 神戸理器

消耗品の交換しました。

K 神戸理器を研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃 柳刃
ネジ
出っ張りタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

 

左のハサミと右のハサミと違い、わかります?

左がビフォー、で、右がアフター。

まあ、、、わかんないっすよね。

すごく小さいところなんで、

ヒント:色

色が違うところがあります。

正解は、ヒットポイント

ヒットポイントポイントを付け替えました。

ちなみにヒットポイントとは、親指穴と薬指穴の間のゴムです。

無いとカチカチうるさいので、ゴムが入っています。

また、無いと開閉で閉じたときの衝撃を吸収できないため、その衝撃がネジに行きます。

するとネジが緩みやすくなったり、ネジ穴が大きくなったりします

(すぐにはならないです。5年くらいするとなります。

 ガンガン使うんだけど、3年でなったんだけど、5年って言ったじゃない!オオタサン!って話は受け付けません(笑)

 もちろんハサミによって、変わります。)

 

ということで、

ヒットポイントを交換しました。

なんで交換したか?

それは劣化していたからです。

このヒットポイント、ゴムと言うか、柔らかいプラスチックというか、、、なんですが、

何年かつかうと、堅くなってきます。

すると、さらに堅くなって、割れるようになります。

そんな風になりそうだったので、事前に交換させて頂きました。