切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 HONOU flameH600

「これだとヒジが楽」なハンドルです。

ある美容師さんは、「これじゃないと疲れる・・・」と言っていました。

また、あるベテラン理容師さんは、「これが、なまけバサミって言うんだよ。若い奴は使っちゃいけねぇ。オオタさん教えちゃだめだよ」と神のような笑顔で言っていました。

HONOU flameH600を研ぎました

ハサミDATA

6インチオフセット

ハマグリ刃。

ネジは埋め込みタイプ

ハンドルはオフセット。

はさみ職人's EYE

このハサミをハサミ屋は、「下がっているハンドル」とか言います。

「ヘネシータイプ」という人もいます。

ヘネシーはナルトさんのハサミの種類ですね。

enimage1339212215713-1

刃先とネジの中心を結ぶ中心線より、下にズレているのが特徴です。

もし、自分のオリジナルハサミを作るとして、私に「ヘネシーで15度くらい下げて欲しいんだけど」と言ったとします。

すると私は「このひと、ハサミにちょーーーーー詳しい」と思います。

基本的に
専門用語を避けたいと思っている人間ですが、専門用語にビシバシで対応します(笑)。

それで

このハサミですが、

下がっているため、ヒジを上げることなく、下げたまま使うことができます。

そのため、楽なハサミということになります。

反面、自由度が少ないので、クセを知るまではある程度時間がかかるかもしれませんね。

閉じる