研ぎ実績

光 B-DRY

「買ったばかりで、使いにくいので、研いで!」というリクエストでした。

ストロークやスライドをするとひっかかるそうです。

かなりRの強い(直線の反対)笹刃です。

これだけ強いRの場合、普通のハサミの感覚を捨てて、このハサミ独特の使い方を探るのがいいとも思います。

ハンドルは、立体的で手の可動域を広げやすく、ストロークさせやすい形です。

光 B-DRYを研ぎました

ハサミDATA

ハマグリ刃の6インチ。
かなりRの強い笹刃。
ネジ
シンプルなマイナスネジ。
ハンドル
立体的なオフセット。
親指側はヒネリがある。
指掛けは、脱着式。

はさみ職人's EYE

これはスライドカット用のハサミです。

 

正直、これだけRの強い刃だと、ブラントカット、チョップカットには使いにくいです。

その理由は、毛がすべるため使いにくいからです。

 

「この滑る感じが、自分にはいい」ということでしたら、そのような使い方をされても全く問題ありません。

 

スライドカットはしやすいです。

程よい重みとか、ハンドルの指穴がゆとりがあるところとか、好きです。

 

スライド専用にするのなら、刃をスライドカットしやすいようリクエストしておくといいです。

今回のお客さまは、「刃が鋭すぎて逆に使いにくかった」とのことでした。

 

こういったは特殊なハサミもあります。

スライドカット専用シザーが必要な場合は、その使い方の説明と言うか、打ち合わせというか、、、を済ませておきたいところです。