切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 光 レイコスモス132

理容師さんの刈り込みハサミです。

切れ味が落ちたということで、研ぎの依頼をお受けしました。

車で言えば、カローラのようなメジャーなハサミです。
古いですかね。
2010年台で言えば、プリウスのような有名なハサミです。

あまりにメジャーすぎて、標準的なハサミと考えても良さそうです。

同じ型番の2丁ですが、左が古く、右の方が新しいものでした。

光 レイコスモス132を研ぎました

ハサミDATA

ハンドルは、シンプルなオフセット。
ネジはマイナスネジ。
ハマグリ刃の7インチ。

はさみ職人's EYE

同じ型番のハサミですが、古いほうが若干よく切れました。

恐らく、鋼がよかったんだと思います。

ハサミというのは、不思議なもので同じメーカーの同じ型式でも、製造ロットの違いで切れ味が変わるものです。

人間の手仕事が多く関わって作られる道具だからなのでしょうか。

かなりアナログな世界です。

閉じる