切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 fackymos 6インチオフセット

昔、バブル景気のハサミです。

271

 あの頃は、

 良かった・・・

 儲かった・・・

 それに比べて、今は景気がわるい・・・

そんなつぶやきが聞こえてきそうなバブルハサミです!

fackymos 6インチオフセットを研ぎました

ハサミDATA

6インチ。

オフセット。

刃はシンプルなハマグリ刃の柳刃。

ネジは埋込みタイプ??です。

ハンドルはオフセット。

細身で軽量なハンドルです。

はさみ職人's EYE

このバブルハサミですが、ネジがないのがお分かりでしょうか?

フタがしてあるようです。

(拡大図)

271-2

「これだと、ネジがゆるんだとき締められないじゃないか!」

「逆にきつすぎたときは、どうすんだ?」

という疑問がでてきますが、、、

そのときは、

「なにもしない」です。無理して使うしかないです。

 

当時は12-13万円で販売していたそうで・・・・

組合のお付き合いということで購入された方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

ちなみに、どうやって研ぐか?

ネジがないので、

ネジを外して、きちんと普通に研ぐことはできません。

いま、私の手元の文房具はさみと同じです。

(裏側)

271-3

テキトーに研ぐしかありませんね。

いわゆる「安かろう・・悪かろう・・」の研ぎです。

手抜き研ぎです。

それでも、そこそこ切れるようになるかもしれません。

 

とはいえ、

このハサミ、デザイン的にすっきりしていていいですね。

えっ・・・・。

そんなフォロー、もう遅い・・・・。

そうでしたね。

・・・

逆に・・・と考えました。

こんなハサミ、

使いにくいけど、、、

もしかしたら、、、、、

やっぱり、ダメですね・・・・

ということで、

・ちゃんとしたネジのあるハサミを選びましょう!

閉じる