切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 facky-mos 6インチメガネ

「オオタさん、研ぎたくないハサミってあるんですか?」
と言われれば、そんなにないです。
でもね、
ネジが外れないというのは、キライです!

facky-mos 6インチメガネを研ぎました

ハサミDATA

段刃の柳刃。
鋼材はステライト
ネジ
ネジがフタで隠されています。
中には、小さなマイナスネジ。
ネジを緩めたり締めたりするのは、写真のように蓋を壊さないとできません。
ハンドル
柄が細めのメガネです。

はさみ職人's EYE

このハサミを研ぐには2通りあります。

ひとつは、ネジを外さず組んだまま研ぐ方法。

本来はネジを外してばらして研ぐので、十分な研磨ができませんが、それなりに切れるようになります。

2つ目は、今回のようにネジのフタをこわして、ネジを外して研ぐ方法。

ちなみにメーカーさんに戻しても、一度壊してネジを外して研いでいるようです。

ネジにドリルのあとがあります。

メーカーさんでは、新しいフタを取り付けていますが、当店ではできません。

ちなみに、

余程大変なことなのか、メーカーさんはこのハサミの修理を受け付けなくなったそうです。

「そんなことがあってもいいのか?」と持ち主の方がおっしゃっていました。

バブルの頃のハサミなので、とりあえず発売後10年以上は対応していたということで、ある程度メーカーの責任は果たしとも言えなくもないですね。

でも、ハサミだから、、、と考えると微妙です。

今回の「フタ」は最強に硬かったです。

普通は小さい穴を1つ開けて、そこに釣り針みたいなものをひっかけて取るのですが、今回はそれが通用しませんでした。

接着剤で止めてあったようで、、、固いのは当たり前です。

ハサミも壊す覚悟で挑んだ結果、何とかばらして研ぐことができました。

2つ目の穴を明けても取れなかったときは、泣きそうでした。

はさみ職人泣かせのハサミです(笑)

閉じる