切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 EVER EX-760

今回のハサミの特徴は、柄の長さです。

これは柄が短いタイプです。

どんないいことがあるのでしょうか?

逆にデメリットはどんなところでしょうか?

EVER EX-760を研ぎました

ハサミDATA

6.5インチのオフセット。

刃は段刃の柳刃。

COBALT-760と彫られています。

ネジはでっぱりのタイプ。

裏側がマイナスになっています。

ハンドルはオフセットです。

短めです

はさみ職人's EYE

このハサミのハンドルの長さは短めです。

具体的にどこの長さかというと、ネジの中心から薬指穴のよりネジに近いところまでです。

もしくは、ネジの中心から親指穴のネジに近いところです。

この距離が短いと、ちょっと開いただけでも刃を大きく開くことができます。

手が小さいひとにはいいですね。

また、重心のポイントがネジ付近になるのでハサミとの距離感がより近いと感じます。

手とハサミの一体化ですね。

 

逆にデメリットもあります。

それは、力が伝わりにくいということです。

良く切れるうちは問題ありませんが、切れなくなってくると力を入れて切る感じになります。

やさしく切りたい!という方には、合わないと思います。

毛束をちょっとしか掴まないようなカットや刈上げの仕上げなどには、使いやすそうです。

閉じる