切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 degic OZ-I (32目メガネ)

特殊なセニングですね。

degic OZ-I (32目メガネ)を研ぎました

ハサミDATA

32目 はまぐり刃 直刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなメガネ

はさみ職人's EYE

ビジュアルが特殊なスキばさみです。

こういうのは普通の美容師さんが簡単に扱えないのでしょうか。

(優秀な人には問題なく使いこなしてしまうんでしょう)

講習がセットになっていますね。

 

このはさみを初めて知ったのは、10年以上前になります。

刃先で毛の根元を間引くような使い方をすると知りました。

それを「根スキ」と呼ぶということを知りました。

そうすることで、毛流の調整をするということでした。

なので、

強かったクセがカットで弱くなってセットしやすくなる・・・というのが売りだったと記憶しています。

素敵ですね。

 

「そんなの別に、このセニングじゃなくても、カット率が少ないセニングなら簡単にできるじゃないか」

と言っている人がいらっしゃいました。

まあ、私もそう思わないわけでもないです。

ですが、

このセニングをわざわざ使うことが重要なんでしょうね。

「わざわざ」です。

 

たぶん、

ちょっと違うかもしれないけど、

結婚式に行くときは、別にTシャツ短パン&ビーサンでも機能的には問題ないけど、おしゃれな恰好の方が、より結婚式出席っぽいということに似ていいる気がしてます。