切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 COKEN K-70

COKEN K-70を研ぎました

ハサミDATA

動刃も静刃も剣刃。柳刃
ネジ
ネジの頭がない!締めることができず、緩めることもできない!
ハンドル
シンプルなオフセット

裏スキも独特な感じでした。

はさみ職人's EYE

えぇっ!

 

 ネジがない!

 

ハサミを研ぐにあたって、ネジがないというのは大事件です。

ネジが無くても、適当に研ぐことはできます。

もちろん研いだことでよく切れるようになります。

でもねぇ。

よーく切れるようにするには、やはりネジを外して一本一本(動刃と静刃1本づつ)丁寧に研ぐ必要があります。

 

今回のネジですが、

横からよーーーく見ると、

金属のシールが貼ってあるように見えます。

わざと、

シールをはって、

ネジの調整をできないようにさせているなんて・・・・

どうにかしているゼ!

↑冗談です(笑)

革新的ですね。

頭が弱い僕には、理解できませんが、きっといいこともあるんでしょう。

同じように、

わざとネジにフタをしているハサミにファキモスがありますね。

(今はメーカーでは修理対応不可になっているようです)

とまあ・・

とりあえず、

誰か、

シールはがして、

「ちゃんとねじになっているよー」という写真をください(^^)