切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 BPC 17目Rメガネ

今回は、珍しいセニングです。

R刃のセニングですが、どういうものなのでしょうか?

BPC 17目Rメガネを研ぎました

ハサミDATA

メガネのセニング

サイズは6インチ

刃は17目のフラットでちょっとツノのあるタイプ。

棒刃は直刃です。

櫛刃側に反ったR刃です。

ネジは出っ張りタイプ。

ハンドルはメガネ。穴がいくつかあります。

はさみ職人's EYE

このセニングの最大の特徴は、R刃(アールバ)です。

横から見るとわかりやすいかと思います。

enimage1361439040467

スライドカット用に笹刃タイプのR刃をお持ちの方もいらっしゃると思います。

ストレートのさらさらヘアーの頭に、上から下にスライドさせるカットなどには便利だと聞きます。

このセニングの場合、どういった使い方が便利なのでしょうか。

スライドさせても・・・セニングだし、、、R刃のため精度が悪いし・・・

見た目は、新鮮でいいですね。

気をつけておきたいのは、こういったR刃のハサミは(カットシザーも、セニングも)無理に反らさせているので、精度はまっすぐと比べて良くないです。

まっすぐのものは、かなり精度が高いです。

日本メーカーの理美容ハサミは、欧米人から見れば、クレイジーといえるくらいの世界です。

日本人から見てもクレイジーです。

私も自分で研ぎながら、そう思うこともあるくらい超神経質な世界です。

さて、

この曲がったRは、まっすぐと比べると、アバウトです。

植木用のハサミも同じようなものがありますが、これも精度を出しづらいのでまっすぐと比べると、いまいちと感じるかもしれませんね。

もし、よく切れるセニングを求めるのであれば、まっすぐなものがお勧めです。

こういったRの特殊タイプは、今までのものに飽きてしまった・・・といかた。

もしかしたら、使えないかもしれないけど、それでも、新しい世界を覗いてみたいという方におすすめです。

閉じる