切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 AC CC-I

笹刃と鎌刃の組み合わせです。

理美容のハサミに鎌刃は、どうでしょうか?

AC CC-Iを研ぎました

ハサミDATA

6インチのオフセット

刃は剣刃風。笹刃と鎌刃の組み合わせです。

ネジは埋め込みタイプ

ハンドルは穴が4つのオフセット。

はさみ職人's EYE

動刃が笹刃、静刃が鎌刃です。珍しいですね。

AC

この組み合わせは、植木に使う枝きりハサミで良く目にします。

刃元を枝に密着させることで堅い枝を切るときに切りやすいもんです。

刃元重視の枝きりハサミには、使いやすい構造ですが、理美容でヘアースタイルを作るハサミには、どうなんでしょうか?

毛束をがっつりとって、刃元使って力強く切るにはとてもいいハサミだと思います。

逆にそんなカットをしないで、刃中~刃先を使うのであれば、違和感を感じるかもしれません。

ハサミを作る構造として、鎌刃のほうにひねりを加えるのが難しいです。刃付けも難しいです。

つまり、開閉をスムーズにして、刃中~刃先をやさしく切れるようにするのは、難しいのです。

そのせいか、理美容のハサミでこの組み合わせのものはほとんど見ません。

個性的な、独自のカット技法を探すためにあえて難しいハサミを使うというのも、パイオニア精神があっていいかもしれませんね。

閉じる