切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 賢武

裏側に「超合金コバルト」と彫ってあります。

この意味はどういうことなんでしょうか?

賢武を研ぎました

ハサミDATA

7インチのハサミです。

刃はハマグリ刃の柳刃。

ネジは自在ねじ。

ハンドルは、シンプルなオフセット。

はさみ職人's EYE

裏側をに彫刻されています。

162-kenmu2

超合金です。

ちなみに私が幼稚園のころ、おばあちゃんに「マジンガーZの超合金」を買ってもらったことががあります。

※マジンガーZとは、当時の幼稚園生の話題を独り占めした、アニメです。ロボを操縦して悪者をやっつけるヒーロー物語です。このロボの人形が超合金だったんです。(厳密にはメッキです)

親は、何度言っても買ってくれませんでしたが、おばあちゃんはすごい優しかったです。

さてさて、

今回の超合金は、マジンガーZとは違います。

当たり前ですけど。

超合金=すごい金属という意味だと思います。

ちなみに、超合金と彫刻してあるハサミはいろいろありましたが、みんな同じ鋼というわけではありませんでした。

この曖昧さは、日本的ですね。

このハサミの鋼の感じは、

身が詰まっている感じ。

濡れている感じ。

深いグンジョ色。

いい鋼ですね。

ドライの硬い毛に対しても、強いタイプの鋼です。

閉じる