切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 胡蝶 BR-50T

ハサミを持つときの手のポジションについて考えてみます。

前回の講習での疑問の続編です。

胡蝶 BR-50Tを研ぎました

ハサミDATA

ハマグリ刃。
直刃。
ネジ
パネルつきのマイナスネジ
ハンドル
オフセット。
(ヘネシータイプ、クレーンタイプ、下がっているタイプなどと、言うことがあります)

はさみ職人's EYE

「小指が届かないので、ハサミをきちんと持つことができない」

「小指掛けを改造したい」とします。

この写真だったら、④の方向へ曲げると良さそうです。

それも、いいかもしれません。

前回のハサミなんかは、そんな意味があって作られているかもしれません。)

でもね。

もしかしたら、

単に持ち方を変えれば、いいのかもしれません。

まず、下の写真を見てください。

これだと一見、良さそうですが、そうでもないです。

この次の写真と比べるとわかるかも。

深く指を入れて、

小指掛けに小指の第一関節が乗っかるくらいにしました。

安定して持つことができている人はこの位置が多いです。

もしかしたら、

極端な悪い例かもしれませんが、

下の写真のようにもつと、指かけまで遠くなります。

では、

こうもったらどうでしょう。↓

 

小指が楽に指掛けに届きます。

確かに、

これはやりすぎです。

ですが、

持ち方次第で簡単に持つことができるような気がします。

閉じる