切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 胡蝶 彩 COBALT SUPER 7インチ

このハサミを使っていらしゃる方は、トリマーさんが多いです。

ネジを締めたり、緩めたり。

胡蝶 彩 COBALT SUPER 7インチを研ぎました

ハサミDATA

7インチ。

オフセット。

はまぐり刃で柳刃。

ネジは埋め込みタイプ。

はさみ職人's EYE

ネジの締める、緩めるについて、

いきなりですが、質問です。

(質問):もし、ネジがきつかったら、ゆるめてもいいでしょうか?

(回答a)ダメ。絶対ダメ。だってダメって言われたから。

(回答b)ダメ。だってハサミ屋さんがベストの状態にしてくれたから。

(回答c)ゆるめてOK。だって使うのは、私だもん!

 

 

正解は・・・

どれも、正解です。

ですが、

(回答c)がよりイイかと思います。

結局、ハサミを使うのは使う人なわけです。

それはハサミを作った人でも、販売した人でもありません。

仕事のたびに使う、そのハサミの持ち主が一番使いやすい状態で使用するべきです。

 

「じゃあ。

人によって、

きつかったり、

ゆるかったりするのではないか?」

そうです。

そのとおりです。

手の大きさに大小があるように、ハサミを握る力にもあるなしがそれぞれ違いがあります。

だからこそ、自分にあったネジのキツさで使用されるのをオススメします。

 

もし、

「どの程度がいいのかわからない」ということでしたら、

できるだけキツくです。

キツめにして、固かったら油をさしてあげてください。

それできつかったら、ちょっとゆるめて下さい。

閉じる