切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 福耳5.8

このハサミの大きな特長は「ハンドルが長め」です。

福耳5.8を研ぎました

ハサミDATA

ハマグリ刃
柳刃
ネジ
埋込タイプ。裏側から2つ目のドライバーで開け締めします。
ネジが白いのは七宝焼と聞いたことがあります。
美容師さんの過酷な使用状況だとさすがに傷んでしまいますね。
ハンドル
ラクダのオフセット。
ハンドルが長めです。

はさみ職人's EYE

ハンドルが長い特徴を3つあげます。

ひとつは、力強く切れる。

これはテコの原理でそのように切れます。

ネジが支点となり、指穴が作用点となりますが、この距離が離れているほど大きな力を伝えることができます。

手の方は小さい力で、手を大きく動かす必要がありますが、大きな力を出すことができます。

2つ目は、逆にハンドルがデカイということになります。

小さい手の方には少し余るということがあるかもしれません。

3つ目。

これも逆に手が大きいひとにはいいかもしれませんね。

で、

でで、

ででで、

ですが、

このハンドルが大きいから手が大きくないと使えないということはないと思います。

恐らく手が小さくてもこういう大きいのが好きという方もいらっしゃると思います。

あくまで好みってことになるかと思います。

 

閉じる