切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 白鳥 SGS-70RF

今回の研いだハサミは、トリマーさんのハサミです。

R刃と呼ばれる、刃が曲がっているものです。

白鳥 SGS-70RFを研ぎました

ハサミDATA

7インチメガネ

刃は、R刃(カーブシザーの刃)の段刃。

ネジはマイナスの埋め込みタイプ。

ハンドルはメガネ。指かけはオフセットの静刃のような固定式です。

はさみ職人's EYE

カーブシザーですが、

正直他の普通のハサミと比べて、よく切れないのと感じていらっしゃるのではないでしょうか。

特に刃先は、毛をつまんでしまって、切れなかったり、毛が逃げるようにして切れなかったりしやすいです。

それは、、、

正直言って、精度が普通のハサミと比べると、悪いからです。

作る工程を考えると、ハサミって硬いわけで、その硬いものを折れないように曲げようとするというのは大変なわけです。

もし、カーブシザーと一般的な真っ直ぐなハサミとどちらかを買うか迷っていたら、、、

真っ直ぐをおすすめします。

もちろん、曲がっていないとダメならカーブシザーでしょう。

その際カーブシザーは、刃先に力がないものが多いので、気をつけてください。

チョップカット用というよりはスライドカットがしやすいですね。

研げばいいという話もありますが、切れなくなりやすいので、維持コストは高価になると思います。

閉じる