切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 玄技Ⅲ KU-40

変な音がする・・・

全体的に切れ味がわるいです。
刃先が特にダメで、毛が引っかかる感じです。
音も変な音がします。
よろしくお願いします。

280

全体的に切れ味がわるくて・・・

さらに、へんな音がする・・・これは、強者の予感です。

玄技Ⅲ KU-40を研ぎました

ハサミDATA

6インチ。

オフセット。

櫛刃は、40目V溝。

棒刃は、段刃。直刃です。

ネジは、埋込みタイプ。

トリマーさんのハサミです。

見た瞬間、ピピピ!!!!

これはかなりの強敵だと感じました。

その理由は、、、、

はさみ職人's EYE

傷だらけのハサミ・・・です。

戦場から奇跡の帰還・・・・したかのような傷だらけです。

→のところが傷です

280-2

この傷は、刃槌(はづち)の傷だと思います。

この刃槌というのは、特殊なハンマーです。

ハンマーの頭が平でなく尖っていて、わざとこういうった傷がつくようなっています。

実は、ハサミを作る工程で、このようにハサミのソリを作るときに使うこともあります。

しかし普通、研ぎをするのにここまで派手に傷をつけるようなこともしません。

こんなキズだらけの時点で、大問題です。

百歩譲って、よほど切れないのなら、このように刃槌をつかうこともあるのかもしれません。

しかし、そのときはわからないように消すとか、目立たないようにするとか・・・します。

このハサミは、そいういった心使いがないですね。

刃付けも雑です。

文房具のはさみみたいな刃付けです。

 

当然切れません。

また、逆に開閉のバランスが悪くなっています。

変な音がするのはそのせいです。

研ぎに出して、より切れなくなって戻ってきたパターンです。

ここまでひどいと、通常研磨だとある程度までしか直すことができません。

通常研磨の範囲を超えて、改造やオーバーホールが必要になってきます。

 

お客さまには、通常研磨の範囲でできるだけ、よくなるようにしました。

これで見て使っていただきたいと思います。

その上で、「もっと」ということでしたら、オーバーホールのご案内させていただきました。

閉じる