切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 無印 T02

とても切れない状態でした。

切れ味が落ちてきた・・・というよりは、全く切れなくなったようです。

棒刃の細さは、力がなさそうです。

無印 T02を研ぎました

ハサミDATA

14目の逆刃。

櫛刃は、いかにもカット率が高そうなフラットな14目。

ハマグリ刃の柳刃。かなり細くなっています。

ハンドルは、逆刃のオフセット。

ネジは、埋め込み式のネジ。

はさみ職人's EYE

セニングは、あまりに切れないと自分の手に負担が掛かりすぎて、大きなストレスになるので、気をつけるといいです。

と同時に、髪に対してもかなりの負担です。

このセニングの本来のカット率は、70-80%くらいでしょうか?

力がなくなり、いまこのセニングは、50%弱だと思われます。

カット率がだんだん下がってしまうのは、フラットな刃の宿命ですね。

さて、このタイプのセニングは高いセニング「たくさん毛が取れるので、コワイ!」そんな声を聞きます。

確かに普通に今までと同じように使うと、コワイですね。

ただ、同じように使うのではなくて、使いこなす気持ちで使ってください。

こういったカット率の高いセニングを使っている人に聞くと「どう使うって?普通につかっていますよ。」とおっしゃいます。

そして、「このハサミがないと仕事にならない」という方までいらっしゃいます。

使い方をきくと、「なるほど」です。

10人に一人くらい、こんな50%以上切れるセニングをもっていると思います。

そんな方に使い方を聞いてみてください。

閉じる