切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 朱雀 COBALT7.0

このハサミの持ち主の方とは、5年以上おつきあいさせて頂いています。

親指をこね回して使う、押し切りのクセが強く・・・

朱雀 COBALT7.0を研ぎました

ハサミDATA

7インチ。

平の2段刃です。

ネジは出っ張っていて自分で調整しやすいタイプです。

ハンドルは、オフセット。理容師さんに好まれる形です。

はさみ職人's EYE

押し切りのクセが強い場合、

普通に刃付けをした場合、すぐ切れなくなります。

大事なことなので、もう一度。

すぐ切れなくなります。

私の研ぎ方がどうのこうの、というよりは、使い方の問題です。

で。

そう言ってもクセなので、仕方がありません。

そのクセにあったような刃をつけさせて頂きます。

始めのころは何度も研ぎ直しさせて頂きました。

・ ・ ・そのときは、正直、楽しくはありませんでした。^^;

しかし、今となっては、こういったクセの強い人用の刃付けのポイントを学ぶことが出来ました。

今は研ぎ直しをすることはありませんが、、、

このクセのまま、、続けると、、、

将来ヒドイ肩こりとか、、ハサミを持てなくなるかもしれませんよ!

って、脅しています。(^v^)

しかし、冗談のように言っていますが、今までこういったクセのために腱鞘炎になって仕事が出来なくなったり・・

そういうひとは、何人もいらっしゃいます。

クセだから、なかなか直せないけど、、、直るといいですね。

閉じる